course irago 2017(コースイラゴ2017)

course irago 2017(コースイラゴ2017)

甘 さや辛さの度合いは舌で感じていますが、人によって基準が違う「おいしさ」は、その人の経験値よって形成れます。例えば、日本人が梅干を見ると唾液が出る のは梅干はしょっぱいものだということを知っているからです。私ちは食事をするとき、無意識の内に見た目や過去の経験から得た情報をもとに味を予測しなが ら舌で味わっているのです。年齢を重ねるにつれて、料理に感動することが少なくなるのは、このようなことが原因だとも言えます。「初めて食べたときの、あ の感動が忘れられない」そんな体験を提供してくれるのが『course irago』シリーズです。今までに経験したことのない味わい、食べ方が楽しめます。「食事という人の営み」をとことんお楽しみください。

bn_reserve
この公式サイトからのご予約が、いちばんお得です。